電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年6月18日 No.2162号

決算特集②建材・住設メーカー

海外、非住宅で稼ぐ
―木質、非木質とも原料高が課題―

水周りメーカーの好調際立つ
<総合メーカー>
LIXILグループ=当期利益、2期連続で過去最高を更新
パナソニック=7年ぶりに増収増益を達成
<木質系>
大建工業=最終利益が過去最高益を更新
永大産業=園舎施設の販売強化で増収に
朝日ウッドテック=2期連続の増収増益を達成
南海プライウッド=国内市場堅調で8期連続の増収
ウッドワン=国内低迷で減収減益
ホクシン=コスト高相次ぎ減益
東京ボード工業=佐倉工場償却始まり赤字
ニホンフラッシュ=中国市場向け回復で、増収増益に
兼松サステック=先を見据えた取り組みで増収増益維持
山大=増収減益
<水周りメーカー>売上高で過去最高更新が相次ぐ
<サッシ>アルミ地金の上昇が収益を直撃
<窯業系>
ニチハ=減収増益で6円増配
チヨダウーテ=石膏ボード事業堅調も子会社で特損計上
アイカ工業=8期連続増収で9期連続増益
フクビ化学工業=人工木材プラスッド、成長軸に育つ
<統計>主要外材の入荷推移

記事ランキング

消費税率改定後の媒体価格について