電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2022年12月12日 No.2379号

2022年回顧㊤分野別に振り返るこの1年

円安直撃し、コストインフレ時代到来
―素材製造・販売と建材・住設の収益差くっきり―

▽コロナ禍、ウッドショックにロシア・ウクライナ問題加わる
▽林野庁=林業労働力の確保に動き出す
▽国土交通省=住宅の省エネ化施策を推進
▽住宅=注文、分譲とも高付加価値化路線
▽非住宅木造=進む高層化、大型化
▽国産材=ウッドショック後の相場を堅持
▽米材=国内挽き製材は丸太コスト高で採算難
▽欧州材・構造用集成材=ロシア・ウクライナ問題で混乱、過剰在庫に
▽ロシア材=ロシアのウクライナ侵攻で取引環境に制約相次ぐ
▽NZ・チリ材=円安による輸入コスト上昇で製品価格高騰
▽内外産合板=針葉樹合板12㍉厚3×6判が2,000円に
▽木質ボード=接着剤価格高止まりで製品価格も高値で推移
▽プレカット=昨年比較で受注が低調
▽南洋材=製材品は高値で推移
▽保存処理木材=注入の桧土台、杉胴縁が拡大
▽木質建材=商品値上げに追われる一年
▽非木質建材・住設機器=再値上げ相次ぎ全面高
▽木質バイオマス・チップ=大型発電所が相次ぎ稼働で需要増加
▽2022年の主要外材産地価格推移
▽主要木材の3カ年価格推移
▽木材建材業界2022年の主な出来事
▽<10月の新設住宅着工>持ち家の減少幅広がる

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
好評発売中

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら