電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2023年1月9日 No.2381号

業界主要企業に聞く2023年展望㊤国産材、製材、プレカットほか

ウッドショック終焉、需給は調整局面
―強みを磨き上げ成長軌道に―

▽需給調整一巡、木材のシェア争い始まる
▽北海道森林組合連合会・有末道弘代表理事会長=長期的な視点で森林資源の活用目指す
▽九州木材市場・田中昇吾社長=原木価格維持と販売量増を目指す
▽トーセン・東泉清寿社長=川上から川下まで担う生き残り戦略
▽サイプレイス・スナダヤ・砂田和之社長=2シフト化で丸太消費月間3万㎥へ
▽院庄林業・武本哲郎社長=受注バランスの回復は必須
▽オービス・中浜勇治社長=福山工場、生産性5%以上のアップ目指す
▽ザイエンス・荒井浩社長=インクルーシブ遊具ほかの提案強化
▽細田木材工業・奥村永德社長=内外装需要、非住宅向けの伸長に期待
▽丸宇木材市売・青木豊実社長=輸入材の需給に一喜一憂
▽テクノウッドワークス・早川孝男社長=敬遠される加工需要こそ強みに
▽ウイング・倉田俊行社長=国産材2×4材の需要を何処まで維持できるかが焦点
▽グリーン・サーマル・滝澤誠社長=バイオマス発電事業が過当競争時代に
▽東海木材相互市場・上地浩之社長=集客強化し良材集まる市場に
▽村上木材・佐原謙次社長=米材など輸入材扱いで差別化を
<統計>米材丸太・製材品入荷推移

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
好評発売中

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら