電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2023年1月23日 No.2383号

資材別供給展望

木材の在庫調整一巡も急激な在庫減に警戒
―国産材は価格競争力保てるか―

▽需給バランス正常化で、新たなシェア争いが始まる
▽国産材原木=ラミナ向け需要の拡大、確立が注目点
▽国産材製材=安定供給でシェア維持・拡大の年に
▽バイオマス=燃料の需給は拡大傾向に
▽丸太輸出=中国向け原木は値上がりに期待
▽製品輸出=海外需要が低調、不透明感強い
▽米材丸太=最安値感強いが、コスト高がネック
▽米材製品=欧州材や国産材とのシェア争い激化
▽欧州産製材=欧州材離れからの需要回復目指す
▽集成材=長引く下げ相場、7万円前後の着地点探る
▽内外産合板=国産は在庫増に歯止め、価格維持が焦点
▽木質ボード=国内の建廃チップの集材難に警戒感
▽ロシア材=制裁の影響で不透明感色濃く
▽南洋材・中国製品=丸太、製品とも需要次第
▽NZ・チリ材=産地価格下落も為替の乱高下続く
▽木質建材=2年連続値上げ、早期実現が急務
▽非木質建材・住設=値上げの進捗に差
<統計>主要外材の入荷推移

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
好評発売中

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら