電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年8月27日 No.2171号

どうなる2×4資材

SPF高騰とその後の行方
―国産材、どこまで補完?―

SPF高騰も着工は堅調

SPF製材市況=3四半期で3割高、Jグレードは700㌦到達

住宅会社への影響=着工は持ち家・分譲ともにまだ横ばい

住宅会社の取り組み=施工力と併せた工法選択

<コンポーネント会社>

ウイング=筋肉質の経営へコスト削減進める

津田産業=名古屋工場に設備投資

ランバーテック=付加価値と利便性で競争力維持へ

太平ハウジング=不採算取引を見直し

<北米シッパー動向>日本向け供給姿勢変わらず

<国産材JAS工場>JAS改正で国産材使用の幅広がる

さつまファインウッド=販売価格の見極めも必要に

協和木材=杉2×4、引き合い急増で生産拡大

<8月の国産材産地市況>出材回復も丸太値上がり

<8月の外材産地相場>米材の強基調が一服

<統計>合板及び主要建材の供給推移