電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年10月22日 No.2179号

林業成長産業化への課題

情報共有し国産材需要に対応へ
―国策モデル地区の現状―

林業成長産業化、モデル地域28カ所に増加

北海道(網走西部)=認証材での付加価値向上へ

東北(金山、登米、大館)=川上から川下まで情報共有

北陸(中越)、南東北(南会津)=豪雪地域、林業者の冬場収入確保が課題

北関東(矢板、利根沼田)=急拡大する丸太需要、素材生産強化が課題

中部(伊那、浜松、白川、群上)=品質の高い木材供給へ

近畿(田辺、京都)=原木安定供給目指す

中国(日南、長門、新見、千代川、隠岐)=山陰や岡山北の3地域を追加

四国(球磨、高吾北、徳島)=素材増産へ取り組み進む

九州(日向、日田、奥球磨、糸島)=新たな需要に対応

<統計>主要外材の入荷推移