電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年12月10日 No.2186号

19 年3月期中間決算㊦大手住宅・木材会社

住宅大手は既存事業以外で伸ばす
―需要縮小に向け収益構造展開―

着工数微減で収益は堅調

<住宅>

大手住宅会社=海外事業の連結入りで収益に貢献

住宅会社の業績一覧

<木材>

資材高への対応が必須

山大=復興需要一巡し、完成工事が大幅減

兼松サステック=各事業の体制見直し下期の巻き返しを図る

ポラテック=受注制限で増収も加工実績は伸び悩み

シー・エス・ランバー=減収減益も第2・四半期からは改善

テクノウッドワークス=減収増益見通し

セブン工業=増収もコスト高で減益に

名古屋木材=分譲マンションの販売が伸び悩む

<木材市場>

首都圏市場会社業績=市売事業での収益低迷を不動産賃貸収入で補う構造

<10月の新設住宅着工> 半年ぶりの8万3,000戸超