電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年12月17日 No.2187号

2018年回顧(上)樹種・産業別で振り返るこの1年

適温経済下でのコスト高
―外材供給に変化も国内需給見合う―

供給側の論理は通らず

林野庁=森林環境税と新管理システムの準備進める

国交省=安心R住宅制度を運用開始

住宅=貸家の微減傾向続く

非住宅木造=高層木造へ関心高まる

環境対応=省エネ利点打ち出せず普及に天井感

国産材原木=夏場から品薄続き、秋には全面高に

国産材製品=住宅着工減も非住宅と輸入材高騰で需要堅調

米加輸入製品=北米製材市況急反落でコスト転嫁進まず

米松丸太=コストピーク続くも年末にかけて大幅下落

欧州材 構造用集成材=Wウッド間柱は供給調整で底入れ反発へ

ロシア材=市況は迫力に欠け荷動き・価格こう着

NZ・チリ材=需要安定したチリ材がシェア伸ばす

国産合板=メーカーが建値堅持し、市中価格の崩れを回避

輸入合板=産地と国内の価格差埋まらず

木質ボード=メーカーの機械トラブルや自然災害により供給に混乱

プレカット=需要のピーク実感できず不発の印象

熱帯材=サバ州止まり、PNGが補完

保存処理木材=集成材、合板、LVLのJAS化進める

木質建材=値上げ難航、国産材化進む

非木質建材・住設=住宅向け低迷、非住宅向けが明暗分ける

木質バイオマス・チップ=新設発電所が順次稼働へ

<外材産地相場推移>

<主要価格推移・3年間>

<木材建材業界2018年の主な出来事>

<統計>米材需給、集成材入荷