電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年1月28日 No.2191号

2019年 資材別供給展望

輸入材全面高に変調の兆し
―合板は国内新工場が出揃う―

国内、国外とも木材関税に動き

国産材丸太(製材、合板向け)=製材用、小径木中心に品薄長期化

国産材丸太(輸出、バイオマス向け)=下級材需要がおう盛、供給総量の増加を

米材丸太=製材用丸太は値上がり前水準へ

米材製品=コスト競争力回復も当面は在庫損の恐れ

欧州材=中欧の丸太不足で間柱は最高値圏も供給増えず

集成材=需給調整は一巡、底入れ反転に期待感

輸入合板=産地価格の上昇続く

国産合板=2工場新稼働も人手や原木の確保に課題

ロシア材=製材品・国内挽き向け丸太とも高値維持

熱帯材=マレーシアの動向読めず

梱包材=中国、NZ丸太を重視

木質ボード=品目により温度差

木質建材=運送費上昇で収益減続く

石膏ボード・サイディング=今夏ピークに非住宅向け好調続く

断熱材・開口部・エクステリア=断熱材は需給均衡、需要の平準化が焦点に

住設機器=リフォーム需要の取り込みがカギ

<1月の国産材産地市況>出材回復地域増える

<1月の外材産地相場>北米産地市況は底値感

<統計>合板及び主要建材の供給推移

記事ランキング

消費税率改定後の媒体価格について