電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年2月4日 No.2192号

2019年、注目の政策

国産材、エネルギーで転機
―住宅減税、人材対策も後押し―

住宅需要平準化や人手不足に対応

消費増税対策=次世代住宅ポイント制度は即時交換なし

森林環境贈与税=木材業界、木材利用関連の使途に熱視線

森林経営管理法=民有林、新管理システムで集約化促進

TPP、日EU・EPA発効=輸入材、失地回復に追い風

海外情勢=米中貿易摩擦は長期化の様相

出入国管理法改正=改正案への体制づくりが進む

省エネ基準適合義務化=住宅以外の中大規模建築は義務化へ

太陽光発電2019年問題=新たな事業モデルの構築急務に

FIT入札制の行方=バイオマスは低調スタート

改正建築基準法施行=規制合理化で木造建築を建てやすく

クリーンな経済システムの構築=脱炭素化とSDGsの具現化へ

中小企業M&A減税=事業承継のため地域プラットホームや補助金

民法改正=120年ぶりの大改正

<統計>主要外材の入荷推移

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
好評発売中

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら