電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年3月25日 No.2199号

2018年レビュー②米加材、ロシア材

米材は丸太、製材の入荷減続く
―ロシア材、産地と折り合わず価格こう着―

〈米加材〉
丸太は2年連続、製材は5年連続で減少
丸太=カナダ産米松が1割減、需給緩まず高止まり
製材=主力樹種が軒並み減少、カナダの落ち込みが顕著に
カナダ沿岸=丸太、製材とも米松が大幅減
カナダ内陸=SPF製材は2年ぶり減少、産地市況反落で引き合い急減
米国西海岸=米松は前年並みもカナダの減少でシェア拡大
中国向け動向=米中貿易摩擦で米国の輸出にブレーキ
〈ロシア材〉
輸入丸太=メリハリのない製品市況で価格こう着
輸入製品=低迷する国内市況と値上げ意向の産地で格差
国内挽き製品=メーカーの年間生産量は前年並みを維持
産地企業動向=製材工場は丸太集荷に苦戦し生産力落とす
〈3月の国産材産地市況〉A材は弱気配もC、D材は強保合
〈3月の外材産地相場〉米松は丸太底入れ、製材も小幅安
〈統計〉合板及び主要建材の供給推移