電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年5月27日 No.2207号

梱包材製材特集

梱包資材にも国産材の波
―ラジアタ松高騰で杉の代替進む―

高値に張り付くラジアタ松
松永地区=それぞれ特徴のある製材へ
須崎地区=コスト高、NZ離れ進む
島根県益田地区=杉へシフト、一部うち立ても
吉村製材・アルサンク=総合的な需要対応で安定運営
飛鳥木材=経営資源活用して安定受注確保
飯島製材=FSC認証カラ松の梱包材も供給
十和田燐寸軸木=杉梱包用資材でサイズ対応
清野木材=杉、松、モミなどでダンネージ主力に生産
水木木材工業=NZフリッチ製材の拠点化目指す
和田林産=重量梱包向け南洋材製材にも対応
九州=南部中心に立地、杉材で需要に応える
北海道=原木不足のなかで製材体制の見直し
チリ輸入製材=日本市場支える供給力とサイズの品揃え
瀬崎林業=全国の大手製材工場と生産連携
エス・エルワールド=需要深耕と新規開拓で実績伸ばす
〈5月の国産材産地市況〉出材安定も引き合いに温度差
〈5月の外材産地相場〉米中貿易摩擦再燃、多面的な影響懸念
〈統計〉合板及び主要建材の供給推移

記事ランキング

消費税率改定後の媒体価格について