電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年9月30日 No.2224号

人工木材

環境配慮追い風に認知進む
―エクステリア分野で市場を確立―

▽高性能化、精度を確立し進化する人工木材
▽WPC市場=エクステリアでの市場で利用拡大
▽ハンディテクノ=2工場体制で業界No.1の生産量
▽エア・ウォター・エコロッカ=自社一貫生産と施工も可能で支持増やす
▽フクビ化学工業=プラスッド拡充し事業領域拡大に貢献
▽秋田ウッド=地域リサイクル体制の実現に寄与
▽前田工繊=ベトナム工場で製造、非住宅分野への供給が中心
▽東京ボード工業=PB製造時の木紛を活用
▽MINO=工場プレカットで現場工事省力化
▽大建工業=ロングセラー商品のWPC床材
▽エコウッド=市場の停滞感打破へ高機能製品を提案
▽エービーシー商会=遮熱・帯電抑制の新機能盛り込む
▽メムコーポレーション=嵌合部にゴミが入りにくい特殊実構造
▽四国化成工業=複色成形で天然木の質感にこだわる
▽東京工営=日本市場を研究しオリジナルデッキ材開発
▽ラスコジャパン=ユーザーの要望から新商品
▽ウッディワールド=施工能力をプラスし販売拡大
▽アイワ=断熱床下地材の部材にも活用
〈9月の国産材市況〉出材減で強気配
〈9月の外材産地相場〉SPF、集成管柱は底入れ観
〈統計〉主要外材の入荷推移

記事ランキング