電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年2月17日 No.2242号

2019年建築着工分析

貸家バブルの後遺症、駆け込みで補いきれず
―持ち家・分譲は増加も反動減に警戒―

貸家の大幅減で90万5000戸に下落
利用関係別
持ち家・貸家=貸家が7年ぶりに35万戸を下回る
分譲=戸建ては2年連続で過去最高水準
地域・工法別
貸家は41都道府県で前年割れ
非住宅木造建築物
木促法施行から4割増加
地域別
関東=戸建て分譲需要が継続
東海=4県新設着工数は11万戸台維持
関西=増税による影響は前回より軽微
中国=増税前の駆け込み認識なく
統計表
都道府県別住宅着工統計
〈統計〉米材需給、集成材入荷

記事ランキング

業界イベント