電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2020年3月9日 No.2245号

森林組合法改正

変革迫られる森林組合
―意欲と能力ある林業経営者への道―

▽求められる意欲と能力ある林業経営者の姿
▽法改正=事業譲渡や分割で連携強化、規模拡大図る
▽組合の変遷=木材需要急増背景に誕生、施策の受け皿に
▽現状と課題=丸太生産・販売量、組合や連合会で差が拡大
先進事例
▽素材生産=高性能林業機械や作業班増強
▽丸太販売=連合会等が地域ごとに丸太集約し販売
▽製材・加工=林構事業で設備投資、市場と結びつき継続
▽苗木生産=コンテナ苗が主流に
▽IT活用=森林資源を「見える化」
▽原木輸出=中国主力に市場開拓
▽多角化経営=きのこ生産が収益の柱に
〈1月の新設住宅着工〉総数6万戸で7カ月連続の減少

記事ランキング

業界イベント