電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2020年4月20日 No.2251号

接着剤

“貼る、つなぐ”で木材工業化進展
―原料の環境配慮ニーズ高まる―

▽木材の利用拡大とともに発展してきた接着剤
▽原料=相次ぐ原材料価格の高騰でメーカー対応に苦慮
▽開発=脱石油依存のなかで商品開発進む
用途
▽合板・木質ボード・LVL=合板は使用樹種に合わせて接着剤も変化
▽集成材・CLT=接着面の美観と低コストで水ビ系に需要
▽フローリング=VOC対応製品増え指定利用は少なく
▽GIR=エポキシ樹脂の硬化特性を利用
企業
▽オーシカ=接着剤と木材への知見生かし、多種多様な商品を開発
▽アイカ工業=樹脂合成をコア技術に多軸展開
▽J-ケミカル=大豆由来タンパク質の活用も検討
▽サンベーク=フェノール樹脂の長年の蓄積を活かす
▽DIC北日本ポリマ=原料価格高騰で樹脂値上げ
▽光洋産業=ベトナムの生産能力を拡大
▽コニシ=フロア基材用接着剤が出荷伸ばす
▽オート化学工業=環境負荷を考えた接着剤作り
〈統計〉主要外材の入荷推移

記事ランキング

業界イベント