電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2020年6月8日 No.2257号

新型コロナ緊急アンケート分析

底見えぬ需要の崖に立つ
―売り上げ急減覚悟し生き残りを模索―

▽視界不良の先行き、需要急減への警戒感募る
業態別
▽建販商社、木材専門商社=コロナ影響は7月から
▽建材問屋=リフォーム需要が激減
▽木質=我慢を強いられる1年に
▽住設機器=ショールームビジネスに一石
▽非木質建材=営業停滞を強く懸念
▽合板・ボード、機械=2ヵ月近い対面営業の自粛、影響の長期化も
▽外材製材=樹種・用途によって懸念材料に差
▽集成材=需要急冷に危機感も公共事業に期待
▽国産材製材、チップ=梱包材需要縮小、建築向けは長期着工減警戒
▽住宅=受注減で年間着工激減の予測
▽プレカット=工場勤務はテレワークできず
▽製品市場=記念市・特需会の延期中止で売り上げ減
▽木材流通=工事の中断・延期で売り上げ、利益減
〈4月の新設住宅着工〉4月の7万割れは9年ぶり

記事ランキング

業界イベント