電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.2262号

決算⑤木材専門商社

国産材と川下対応に活路
―チップは燃料堅調も製紙減少―

▽業績は各社各様、グループの組織再編も影響
▽日本製紙木材=減収ながら増益に
▽王子木材緑化=国内製紙部門の減収響く
▽江間忠グループ=商社部門の減少を流通加工部門で補う
▽住友林業フォレストサービス=輸入丸太・チップ業務移管で大幅増収増益
▽物林=国産材、環境・景観事業が好調
▽阪和興業=木材部は売上700億円に到達
▽ヤマエ久野グループ=売上高5000億円の大台に乗る
▽セブン工業=2期ぶり増益に
▽名古屋木材=コスト削減で黒字転換
〈5月の新設住宅着工〉6年ぶりに5月が7万戸割れ

記事ランキング

2020年10月に完成した弊社新社屋は、条件を満たせば都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント