電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.1936号

木質ボード㊦PB、OSB、低メラほか

置き床需給、依然タイト
原料調達は良材確保が課題

2013年上半期(1~6月)の国産パーティクルボード(PB)生産量は49万6,800㎥で前年同期比9.7%増、輸入(OSB含む)は26万100㎥で同3%増といずれも増加した。繊維板と同じく、新設住宅着工戸数が前年比増加となり需要が堅調で、PB製品はキッチンや二重床用、輸入品はメラミン化粧板や構造用(OSB)で引き合ったことが奏功した。

国産PBは07年までは120万㎥台を維持していたが、08年に113万5,100㎥(前年比8.8%減)と減少し、リーマン・ショックの影響もあって90万㎥台前半に落ち込んだ。その後も東日本大震災でセイホクPB工場が生産停止を余儀なくされたが、昨年7月から生産再開に漕ぎ着けている。昨年はJIS認証を取り消された大倉工業の供給分も減少したが、JIS再取得で生産量を伸ばしている。セイホクの稼働率上昇とともに、大倉工業のJIS品再供給が開始されたことで、今年の国内生産量は100万㎥台を予想する声が多くなっている。

今回の特集では、セイホク、新秋木工業、宮古ボード工業、日本ノボパン工業、永大産業グループ、大倉工業、東京ボード工業、太平工業、イワクラ、竹原工業、東北ホモボード工業、ユニリン、ミエコ、エム・カインドル、ウッドワンとOSBメーカーの動向をレポートした。

記事ランキング

消費税率改定後の媒体価格について