電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2021年3月15日 No.2294号

2020年レビュー①合板・木質ボード

需要減に直面、国産は減産で足並み
―大幅値下げ回避も原料高止まり続く―

▽輸入合板、産地コスト高に現地メーカーの値上げ攻勢強まる
▽国産合板=市中価格値下がりもメーカー早期減産対応で歯止め
▽輸入合板=原木、人手不足で現地メーカーの生産一層縮小
▽木質ボード=コロナ禍で輸入品の供給に不安定感
▽合板用素材=出材減・集成材との競合で丸太価格上昇
▽木質ボード原料=一年通じ解体材の発生減続く
▽二次加工合板=合板基材が減少
▽処理木材=住宅需要低迷で土台の減少目立つ
〈統計〉主要外材の需給推移

記事ランキング

2020年10月に完成した弊社新社屋は、条件を満たせば都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント