電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2022年8月22日 No.2363号

住宅会社・プレカットの木材仕様変化

ウッドショック機に国産材化が加速
―杉集成管柱、米松KD平角が需要掴む―

▽大手住宅会社は国産材調達ルートを拡充
▽住宅会社=柱・土台を中心に国産材化が加速
▽プレカット会社資材分析=集成材の代替でムクの使用量が増加
地域別
▽関東=資材不足時に一時的な変更
▽東海=グループ内生産で国産材化進める
▽関西=梁は米松、柱は杉の仕様が増える
▽北海道=道内ビルダーではWウッド集成材の変更少なく
▽東北=有力ビルダーで杉集成管柱、米松平角
▽中国=製材機持つ強みを発揮
▽九州=一部で住宅部材の国産材化進む
▽21年度軸組プレカット利用関係別実績一覧
▽プレカット会社の木材購入実績一覧
<統計>合板及び主要建材の供給推移

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。

都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。

三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら