電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年9月3日 No.2172号

秋需展望

住宅堅調も資材不足感なし
―コスト高対策も明暗分ける―

駆け込み需要は見込み薄か

住宅=今期に入り大手企業の受注増加

プレカット=夏場以降は緩やかな上昇曲線

米材製材・丸太=山火事拡大で丸太、在来向け製材に供給不安

木質ボード=供給減で不足感強まる

国産合板=様子見ムードもメーカーは建値堅持

輸入合板=産地と国内価格の温度差続く

構造用集成材・欧州材=平角は需給調整に手間取る

国産材製品=秋需後半に不足感と相場上昇の可能性

国産材原木/豪雨被害=差し迫った供給不足感はない

ロシア・NZチリ・南洋材=産地価格上昇にどう対応

木質建材=コスト高で利益減

非木質建材=付加価値商品に売りにくさ

<統計>主要外材の需給推移